« トラブルにならないための引越し見積もりの正しい見方 | トップページ | 転勤する人への選別はどれくらいが相場なのか? »

2016年5月27日 (金)

引っ越し業者からもらった見積書は項目をすべてチェックしましょう

引越しの費用を知るための見積がほしい場合には、業者に依頼をすると無料で訪問をしてくれて見積もりを出してくれます。

実際に部屋の荷物などをチェックして細かい費用などすべて出してくれるのですが、ユーザーというのは結局合計金額しか見てないという場合がほとんどなのです。

引越しの見積書は、多くの場合は三枚複写となっています。一枚目は会社控え、二枚目は作業指示書として現場の作業員に渡すもの、三枚目はお客のもとにやってくる見積書となります。

この三枚目のものは、上の二枚よりも見た目が立派なものになっていることが多く、裏に約款に基づいた注意事項やキャンセル料金などに関する決まりごとも詳細も書かれています。

仮に書いていない場合などでも、必ず別の用紙で渡されます。

Co07koumoku また見積書というのは、引っ越し業者にとっては作業指示書だということもきちんと理解しておかないといけません。

そのため、見積もりで抜けている項目は、当日作業に来てくれた人たちも把握できていないと思っていでしょう。

お客の方で、勝手にそれも含んでいると勘違いしていた場合には、トラブルになることもありますので注意が必要です。

その抜けていた内容によっては、引っ越し作業を中断せざるを得ないようなことにもなりえます。

当日になって引越しが中止となってしまって一番困るのは、他ならぬ当の本人です。

引越し業者に作成してもらった見積書には、こちらが意図している項目がすべて含まれているかどうかを必ずチェックをしてから契約をするようにしましょう。

« トラブルにならないための引越し見積もりの正しい見方 | トップページ | 転勤する人への選別はどれくらいが相場なのか? »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« トラブルにならないための引越し見積もりの正しい見方 | トップページ | 転勤する人への選別はどれくらいが相場なのか? »